2020年10月25日の星空観賞会

2020年10月25日の星空観賞会

〔天気:快晴〕〔気温:4 ℃〕〔風:なし〕

今宵の星空観賞会、終了いたしました。ご参加くださいましたゲストの皆様、誠にありがとうございました。今夜は快晴の中での星空観賞となりました。

今夜の天気予報は早くから快晴でしたので、星空観賞プランの予約は早い段階でほぼ満席となりました。また、観賞会とは無関係に、多くのお客様がパノラマテラスで星空観賞をされていました。

本日は雲一つない好天気でしたが、月は半月から1~2夜経過していましたので、大変明るい夜空でした。それでも、4等星以上の明るさがある星は全部見えていたと思われます。例えば、「アンドロメダ大銀河」は見えませんでしたが、「プレアデス星団(昴)」はしっかりと見えていました。

東の空から南西の空にかけて、太陽系の仲間である「火星」「月」「土星」「木星」が並んでおり、太陽の通り道「黄道」を体感しました。

天頂付近の高い位置には古代エチオペア王家にまつわる星座神話の登場者である「ペガスス座」「アンドロメダ座」「ペルセウス座」「カシオペヤ座」「ケフェウス座」「くじら座」が壮大な物語を描いています。そして東の空からは「おうし座」と一等星「アルデバラン」、「ぎょしゃ座」と一等星「カペラ」が、北の空では「北極星」と「こくま座」、そして「りゅう座」などが観賞できました。

今夜の星空案内人は浅間山北麓ジオパークガイドの下谷様でした。アカデミックな解説の中に西洋や東洋の星座神話なども織り交ぜてくださり、ゲストはとても楽しんでいらっしゃいました。誠にありがとうございました。

1130 星空夜話カテゴリの最新記事