2020年10月20日の星空観賞会

2020年10月20日の星空観賞会

〔天気:ほぼ快晴〕〔気温:4℃〕〔風:なし〕

今夜の星空観賞会の様子を投稿いたします。ご参加くださいましたゲストの皆様、誠にありがとうございました。今夜はほぼ快晴となり、満天の星空を観賞することができました。

今夜は予報段階から快晴の見込みで、皆様はりきってご参加くださいました。今夜もパノラマテラスに出ると、浅間山上空の木星と土星が並んで私たちを出迎えてくれます。

南東の空にはマイナス 2.5 等星の火星が赤々と輝やいています。その左下、東の空からは『プレアデス星団(昴)』が冬の星々を引き連れて昇ってきました。一等星「アルデバラン」と「おうし座」、一等星「カペラ」と「ぎょしゃ座」。そして天頂付近には季節線『秋の四辺形』があり、「カシオペア座」との間にある「アンドロメダ座」、そして「アンドロメダ銀河」までもが観察できました。

西の空では『夏の大三角』もまだまだ観測できます。今夜は一等星「ベガ(織姫)」と一等星「アルタイル(彦星)」の間に『天の川』がはっきりと見えました。その美しさに感極まり、涙を流してくださったゲストがいらっしゃいました。私どもも、今夜の星空をご案内させていただけたことに感謝いたしております。

今夜の星空案内人は浅間山北麓ジオパークガイドの堀川様でした。今日も語り部のような優しい口調でお話しいただき、誠にありがとうございました。

1130 星空夜話カテゴリの最新記事